Z900RSのある生活

とあるZ900RS乗りのバイクライフを綴るページです

Z900RS カワサキ6ヶ月点検の実施

f:id:Z900RSlife:20200811143807j:plain

点検実施後の榛名湖ツーリング

2月の末に納車されてから、満4ヶ月で走行距離が8,694kmに達しました。
(契約は1月の正月明けだったのですが、CR-1 ガラスコーティング施工とかで納車されるまで約1ヶ月半ほどかかってます。)

6ヶ月にはちょっと早いですが、距離がかさんできたのでオイルとフィルタ交換ついでに点検整備に出してきました。
点検実施日は先日6月28日なのですが、真夏のツーリングシーズンが到来する前に愛車のコンディションを整えておくことにしました。

ちなみに、今回の点検整備とオイル&フィルタ交換の料金は約17,000円ほどでした。
(オイルはワコーズのプロステージSをリザーブしているので、オイル代3.8Lで+5,500円くらいです。)

 

1.カワサキ6ヶ月点検の整備内容

実施内容は以下の点検項目表の通りです。

f:id:Z900RSlife:20200811143940j:plain

エンジンやブレーキなどはもちろん、チェーンなどの駆動系、前後サスペンションなど細かくチェックしてもらい、
ボルトの増し締めやワイヤー類の遊びを適正値に調整してもらいました。

定期的に調整が必要となる部分は、徐々に適正値からズレていっても日頃乗っているとその変化に気づきにくいものです。

そのため、私の場合、走行距離が前回の点検から8,000〜10,000kmに達し、かつ6ヶ月以上経過していたら必ずショップの有料点検整備に出すことにしています。

私がお世話になっているカワサキプラザ府中(アライモータース)では、点検に依頼する際に必ず以下のことを聞かれます。

「乗っていて何か気になる点はありますか?」

定められた点検整備項目に加えて、乗っている時のオーナーの違和感や懸念点などを確認してくれるのです。
信用できるショップでは、点検整備というのを通り一辺の作業ではなく、改善やチューニングとして積極的な姿勢を見せてくれます。
とてもありがたいです。

2.アイドリング回転数が納車時から下がってきていた

今回私が個別にお願いしたチェックポイントは以下の3点です。

・アクセルの遊びが少し大き過ぎるので、規定値の範囲内かどうかチェックして、必要に応じて調整して欲しい
★アイドリング時のエンジン回転数が、信号待ちの停車時などで1,000rpmを下回る時が出る程低くなってきているので、調整して欲しい。(規定値は1,050rpm 〜 1,150rpm)
・キャッチタンク(ブリーザードレン)を確認して欲しい

点検に出す前から特に気になっていたのが、★のアイドリング回転数でした。
操作上は特に問題はないのですが、取扱説明書に記載されている規定値を明らかに下回っていたので不安になりました。
Z900RSにはアイドリング回転数を調整するアイドル調整スクリュ(取扱説明書のp.127)が付いているので、自分で調整しようかと考えたのですが、重要なのは回転数が下がった原因がわからないのに調整しても意味がないと思い、ショップに任せることにしました。
下手に素人が触って現状が確認できないままメカニックに見てもらっても、原因が特定できませんので。

確認した結果、スロットルボディの汚れ(吸気ポートからの吹き返し)のせいかもしれない、とのことでスロットルボディ周辺を清掃して調整スクリュでアイドリング回転数を調整して完了となりました。
ちなみに、こちらのお店では有料点検整備でのスロットルボディのエアクリーナー側の清掃は規定の作業項目としてこっちからお願いしなくてもやっていただいてます。

また、アクセルワイヤの遊びも調整してもらい、操作しやすくなりました。

キャッチタンク(ブリーザードレン)のチェックに関しても規定の確認項目で問題無かったとのことです。

逆に、メカニックからのコメントとしては、タイヤ(ダンロップGPR300)があと2mmほどでスリップサインが出るからそろそろタイヤ交換が必要になります、とのことでした。

また、カワサキプラザでは専用の診断機を使って、以下のようなマシンコンディションのチェックを行ってくれます。

f:id:Z900RSlife:20200811144129j:plain

上記のチェックシート結果から、マシンコンディションに特に問題無しとの判定となりました。

3.ショップによる定期点検の重要性

オートバイにかけるお金って、ついついパーツ交換とかカスタムに傾きがちですが、高価なフルエキゾーストマフラーに交換してメンテナンス費用を惜しむくらいなら、フルエキを我慢してそのお金でショップの点検整備費を3倍に増やしたほうが結果的に気持ち良く愛車に乗れると私は考えています。

なぜ、こんな風に考えるかと言うと、大学生の時に中古で買ったVT250スパーダに乗っていて、自宅近くの個人経営のバイクショップに面倒見てもらっていたのですが、そのオーナーがこんなことを言っていたからです。

私(当時)
「有料の点検整備とかって、確認して特に問題無かったら、結果同じならその点検費用でパーツ換えたりできたなって思っちゃったりするんですよね。」
ショップオーナー
「うん、まあ言いたいことはわかるけどさ、プロが点検してその時点で問題なかったって確認したらさ、その事実が残るじゃん。その事実が残るってことは、その後にもし何かトラブルがあって、点検した店に修理に出した時に、点検では問題なかったことを確認してるから原因を特定しやすかったり、最悪見落とした責任とかもハッキリするじゃん。」

車検のない250ccに乗る貧乏大学生にありがちな愚かな考えでしたよね、命を預ける「愛車」の意味を全く理解していなかったと目を覚まさせられました。

ま、理想はカスタムパーツもメンテ費用のどちらも潤沢にまかなえるほどの資金があるのが理想なんですけどね笑

みなさん、最低でも2週間1度は愛車に乗って、1年に1度は購入したお店で点検整備をしてもらいましょう!
メンテナンスノートを持っていくのも忘れずに!

次回は、今回の点検で指摘のあったタイヤ交換についての記事を掲載予定です。

それでは

Z900RS タンクパッド 貼り付け

f:id:Z900RSlife:20200723204434j:plain

ズボンやジャケットのファスナー傷防止のために、タンクパッドを貼り付けました。
カワサキ純正は高くて野暮ったい感じなので、汎用のKeiti「ミニタンクパッドSM1230C」にしました。(価格は2500円くらい)
クリアカラーなのですが、空気が混じってマダラ模様みたいになってしまいましたが…

f:id:Z900RSlife:20200723204528j:plain

いつも通りパーツクリーナーで貼り付け面をしっかり脱脂して、エアダスターでホコリ飛ばしてから貼り付けて完了です。

写真は西湘BP上りのサービスエリアです。

それでは

Z900RS ストライカー ガードスライダー 取り付け

f:id:Z900RSlife:20200717154526j:plain

転倒(立ちゴケ)時のダメージ軽減のため、フレームにスライダーを取り付けました。
物はストライカーのガードスライダー(Z900RS専用)を選びました。
Z900RSは、中排気量を含めて乗り継いで4台目となりますが、車体を守るスライダー類を取り付けたのは初めてです。

f:id:Z900RSlife:20200717154848j:plain

【ストライカーのガードスライダーを選んだ理由】

ストライカーを選定した理由は以下の2点です。

・取り付けたスライダーが目立たないこと

カワサキ純正オプションのフレームスライダーと同じマウント位置であること

f:id:Z900RSlife:20200717155539j:plain

特に、スライダーが目立たないことにはこだわりました。
真横から見ると、そんなに目立ちませんが、

f:id:Z900RSlife:20200717155613j:plain

真正面やタンクの上から見ると、明らかにポコッと出っ張ってますね。
出っ張ってないとスライダーの意味がないので当たり前ですが。

【取り付け作業】

取り付け作業はいたってシンプルでした。

スライダー本体(ジュラコン製)、スライダーマウント、ボルトを

標準で締まっているエンジンマウントボルトを外して、同じ締付けトルクで付け替えるだけでした。

(取り付けボルトはパーツクリーナーで脱脂しました)

f:id:Z900RSlife:20200717155708j:plain

問題なのは、サービスマニュアルを持っていないのでボルトの締付けトルクがわからなかったことです。
そこで、持っているトルクレンチで標準のマウントボルトを締めてみて、おおよそのトルク値を確かめてみました。
そこで判明したトルクのおよそ 50 N•m(ニュートンミーター)で取り付けました。

f:id:Z900RSlife:20200717155743j:plain

熱が発生する箇所なので、取り付けて一定距離走行後、エンジン冷間時に再度増し締めもしています。
こういう、車体に直接マウントするボルトは特に締付けトルクを厳密を守るため、トルクレンチは必須ですね!
作業に慣れていないととにかく回らなくなるまで硬く締めてしまいがちですが、
締め過ぎれば負荷や熱が加わった時に亀裂が入ってしまったり、ゆるければ最悪ボルトが外れてしまいます。

【使用後レビュー】

f:id:Z900RSlife:20200717155838j:plain

5段階評価
・価格:★★
・ルックス:★★★★
・期待される性能:★★★★
・取り付けのし易さ:★★★★★
・満足度:★★★★

・価格
15,000円くらいしたんですが、カワサキ純正のフレームスライダーより少し高いです。
この価格だと純正を選ぶ人も少なくないと思いますし、実際に純正装着してる方をよくお見かけします。
ある意味、カブらなくていいのかもしれませんが、10,000円チョイくらいにしてくれたらありがたい。

・ルックス
これは文句ないですね。
サイドから見た場合、純正よりも目立ちません。
エンジンと同じブラックカラーなので一体感があります。

・期待される性能
クランクケースは微妙ですが、立ちごけ程度ならタンクは確実に守れそうです。
スライダーが損傷しても、リペアパーツでスライダーのみ購入できるのもいいですね。
あと、純正スライダーと同じボルトにマウントできるのも、フレームのジオメトリィに影響が少なそうで安心感があります。

・取り付けのし易さ
ボルトの締め付けトルクを厳密に守る以外は、いたって簡単に取り付けできます。15分もあれば終わります。

f:id:Z900RSlife:20200717155915j:plain

満足度はとても高いです。
無駄なカスタムになるよう、安全運転で走ります。

それでは

Z900RS の Twitter 始めました

f:id:Z900RSlife:20200708233924j:plain

昭和シェル セルフASK甲府南SS(山梨県

Twitter 始めました。

ユーザー名は以下となります。

@condrianoff

バイクにまつわるちょっとしたトピックスや、

イムリーなバイクライフの情報をつぶやいていこうと思います。

よろしくお願いします。

Z900RS モリワキモンスタースリップオン取り付けとレビュー

f:id:Z900RSlife:20200704221859j:plain

有馬ダム(埼玉県名栗湖)にて

かねてより計画していたZ900RSのエキゾーストサイレンサーの交換として
モリワキモンスターのスリップオンサイレンサーを装着しました。

1. 取り付けまでの経緯 

通販で購入して自分で交換を試みたものの、タンデムステップと共締めするネジ穴が
あと1mmほどズレていて、ボルトを通すことができませんでした。

f:id:Z900RSlife:20200704224359j:plain

一旦諦めて純正マフラーに戻し、購入元へ連絡しました。
すると、送料着払いで返送して確認してくれるとのことだったので早速返送。
発送してから1週間ほど音沙汰無かったので、進捗状況を確認したら、なんとモリワキに直接送って確認中とのこと。
しかしモリワキでの結果は問題無しで、クリアランスがギリギリで造っているので、
うまく取り付けられなければショップ等に依頼してくださいとのことでまた送り返されてきました。
(新品ガスケット付き)

そこで、購入元系列(埼玉)のショップで取り付け作業を依頼しました。
もしそこで取り付けできなければ、今度こそ本当に不良品として交換を希望するつもりでした。
ショップにて取り付けは完了したのですが、担当のメカニックにどうやって取り付けたのか聞いたところ、
こちらと同じくタンデムステップのネジ穴がギリギリでかなりキツかったため、
はじめはグラインダーなどで穴を削って広げようかという案が出たのですが、
ドライバーを突っ込んで力づくで押し込んでボルトを通したとのことでした。

f:id:Z900RSlife:20200704224452j:plain


うーん…私としてはちゃんと装着できれば別にいいんですが、
でもプロでもギリギリっていう仕上がりは結構グレーだったのではと腑に落ちない感じでした。


2. モリワキサイレンサーを選んだ理由 

ちなみに、モリワキを選んだ理由は主に以下の2点です。


・初めて買った中古のホンダVT250スパーダにモリワキツアラーが付いていて、音も吹け上がりもすごく気に入っていた。
カワサキとホンダのネイキッドには、モリワキのモナカ管かショート管という先入観があった。


実体験半分、イメージ半分てとこですね。
フルエキは予算オーバーです。

3. 取り付け後のレビュー

アイドリング時の音質や音量は純正とほとんど変化を感じません。
ただし、3,000rpm手前から4,000rpmあたりまでの回転数で、クァーン!という金属的な音がより強調されるようになりました。
このクァーン!の排気音は純正のサイレンサーでも鳴っていたのですが、より甲高くなった感じになりました。

f:id:Z900RSlife:20200704224822j:plain

ちなみに、素材は純正がステンレスで、モリワキがアルミ製です。
外見に関しては、もう文句無しですね。
アルミ感丸出しの質感がチープ雰囲気で、Z900RSのレトロ感にマッチします。
サイレンサーの溶接のウロコ模様も美しくてとても気に入っています。
また、近いうちにプチカスタムを予定していますので、記事をアップします。

それでは
 

Z900RS ドライブレコーダー取り付け

f:id:Z900RSlife:20200630232953j:plain

あおり運転が本日より厳罰化されました。
オートバイの場合、あおるよりあおられる方が圧倒的に多いし、
死の危険性が4輪よりも圧倒的に高いことは当然ですよね。

f:id:Z900RSlife:20200630233100j:plain

なので、先月取り付けて来ました。
モノはミツバサンコーワEDR-21というモデルです。
GPS無しの、前後2眼カメラです。
取り付けはDIYでは不可能なので、
いつも定期メンテナンスでお世話になっている
カワサキプラザ府中店さんでやっていただきました。
取り付け費用は総額で約6万円ほどです。
スペースはギリギリですが、取り付け作業の実績は何十台もあるとのこと。
シートを開けるときは、少しシートを押しながらキーを回さなければならなくなりました。

f:id:Z900RSlife:20200630233233j:plain

この、側面のキャップを外すとマイクロSDカードを差し込めるようになっています。
録画ファイルは、前後のカメラで別々に、30秒毎に作成されます。
容量いっぱいになると、古い録画ファイルから上書きされていきます。
また、マイクロSDカードは、録画ファイルが頻繁に上書きされるため
ドラレコや監視カメラ向けの高耐久なモデルを選びました。
サンディスク SDSQQNR-032G-GHEIA
アクションカムではないので、そんなに大容量である必要はないと判断しました。
32GBなのですが、最高画質で約2時間分保存可能です。

f:id:Z900RSlife:20200630233314j:plain

今後は、あおられたな、と思ったら安全な場所にすぐ停止してやり過ごし、
このドラレコで録ったビデオを元にその場で警察に通報することにします。
また、フロントのカメラは右直事故やUターンでオートバイが泣き寝入りしないよう
確固たる証拠を以って臨むこととします。
いずれにしろ、スピードを控えめにして、変な車両には近寄らないのが第一ですね。

それでは

Z900RS 伊豆下田とんかつはじめツーリング

とんかつ一(はじめ)のミックスフライ定食

f:id:Z900RSlife:20200604162106j:plain

今回は伊豆半島を反時計回りでぐるっと一周コースのツーリングです。
目的は、伊豆急下田駅のそばにあるメガ盛り定食屋の「とんかつ一(はじめ)」です。

 

f:id:Z900RSlife:20200604162144j:plain

朝6時過ぎに出発して、ちょうど開店時間のAM11時前くらいに到着しました。
お店の裏手に広い駐車場があるので停めるところも安心でした。

駐車場にZを停めて、お店に入ると、ご主人が「あなた、うち初めてだよね?」と聞いてきます。

私「はい、初めてです。」と答えると、

ご主人「わかった、じゃあミックス(フライ定食)ね。うちは初めての人にはミックス出してるから。色んなの味わえるから」

と、なんとお店の方から注文を指定されてしまいます。
が、別に頑固親父で高圧的な雰囲気というわけでは一切なく、
初めてだと何を注文していいか悩んでしまうだろうとのご主人なりの配慮で
人気のある色んな具材の揚げ物を少しずつ楽しめるミックスをおすすめしてるんだとか。
初めてでも、コレという食べたいメニューが決まっていれば、もちろん注文可能です。

ご主人「お客さん、どうしてうち来たの?何かで見たの?」

私「伊豆でたくさん食べれるとんかつやさんがあるって聞いて、揚げ物大好きなんです。」

ご主人「それじゃあうちは最高だよ!ちょっと待っててね」

と、超人見知りな自分でも、とても気さくに応じてくれました。

f:id:Z900RSlife:20200604162234j:plain

ミックス定食 ¥1,350

この写真だと、これってメガ盛りなの?というボリューム感かもしれませんが、
揚げ物の量もそこそこありながら、揚げ物以外がおかわり自由というのがヘビーポイントです。

【ミックスフライ定食】
からあげ、ヒレカツ、メンチ、クリームコロッケ
メインの邪魔にならないよう薄めの味付けのトマトソーススパゲッティはお代わり自由
キャベツもおかわり自由
味噌汁もおかわり自由
そしてご飯には甘めのカレーソースがかかっており、これもおかわり自由でした。

キャベツを2回、それ以外を1回ずつおかわりし、お残しゼロで平らげました。

基本的に、おかわりはお店の方から聞いてきてくれます。
ごはんやキャベツが無くなりそうになると、「おかわりいる?」と欠かさず聞いてきてくれます。
これは別にもっと食べろとプッシュしているわけではないので、
もういっぱいなら素直に「もうだいじょうぶです」と断ってオーケーです。

また、食事中に大型カワサキ軍団のおじ様たちが来店してきました。
同じZ900RSのブラウンに乗られているとのことで、駐車場に停めた時に私のZを見たらしく、
「ちょっといい?表の黒いZってお兄さんのだよね?」と尋ねられました。
私「はい、そうです。」
おじ様「あの黒いグラブバーって、(カワサキ)純正?」
私「はい、純正です。ただ、(ブラックに)ペイントしてます。」
おじ様「あ、そうなんだ。やっぱ黒(いグラブバー)いいよねえ。純正で(黒も)売ってるのかと思っちゃった」

その後、ペイントした経緯や金額などの情報を交換したところ、とても興味ありげなご様子でした。

※駐車場に停めたZ900RSの集団写真を撮ったのですが、ご本人の了承は得ていないためアップできません。
 ご了承ください。

伊豆半島一周コース

今回は西湘バイパス経由で小田原方面から伊豆半島へ向かいました。
途中、西湘サービスエリア(下り)でトイレ休憩しましたが、まだ昨年の台風19号の被害からは復旧できていませんでした。

f:id:Z900RSlife:20200604162836j:plain

伊東にて

f:id:Z900RSlife:20200604162909j:plain

東伊豆町にて

f:id:Z900RSlife:20200604162948j:plain

松崎町にて

イカーズパラダイス南箱根

 

f:id:Z900RSlife:20200604163044j:plain

最後は箱根山中にあるバイカーズパラダイス南箱根でアイスコーヒーの休憩をとって帰路につきました。

f:id:Z900RSlife:20200604163114j:plain

ワンドリンク + 駐車料 = ¥600

イカーズパラダイスはいつ行ってもリラックスできますね。
たまに、駐車料が高いとか言う意見がありますが、私はそう思いません。
このご時世、バイクという縮小しつつあるビジネスターゲットに
こんな郊外でサービス提供するなんてとても有難いと感じています。
冬は凍結でさらに客足が遠のくのに、あくまでライダー目線で箱根に出店している心意気には頭が下がります。
さすがにレンタルまでは利用しようとは思いませんが、最低でも月イチで利用させてもらっています。

次回はまたカスタムの記事をアップしたいと思います。

それでは